2010年03月20日

織田信長の名言とグッズ

器用というのは、他人の思惑の逆にでることだ
織田信長 名言.jpg
織田信長おだのぶなが
ウィキペディアで知る。

織田信長はこんなことを言っていたそうです♪
他人が欲しがっている品物を与えるのは器用ではないそういうのは逆に不器用というものだ。
器用というのは、他人が欲しがってもいない品物を与えること。つまり意表をつくような行為にでるのが器用というのだ。
意表をついた作戦は、戦場ではいつも起こる。それに対応するには、普段からそういう心がけを持たなければ駄目だ。だいたい、大将というのは、部下に胸の内を読まれるようではトップたる資格は無い」
説得力のある言葉ですね♪

【関連書籍】
1.「本能寺の変」本当の謎
今までにない、まったく違った視点で書かれている本です♪
物の見方が変わります♪

2.その時歴史が動いた(戦国編)
織田信長以外の武将も登場する本♪
マンガで読みやすく、若い頃、こんな本があったら、歴史が好きになっていたのに〜と思える本です♪

【関連DVD】
3.国盗り物語
演者:伊藤英明
4.TBS大型時代劇シリーズ 織田信長
演者:渡辺謙
5.功名が辻 完全版 第壱集
演者:舘ひろし
6.功名が辻 完全版 第弐集
演者:舘ひろし

織田信長グッズ



ラベル:織田信長 名言
posted by ミーハー歴女 at 09:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 織田信長の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

豊臣秀吉の名言とグッズ

側に置いておそろしい奴は、遠くに飛ばす
豊臣秀吉 名言.jpg
豊臣秀吉とよとみひでよし
ウィキペディアで知る。


豊臣秀吉織田信長婿蒲生氏郷を東北へ異動させた時、秀吉は自分の袴を脱いで氏郷にはかせ、自分は氏郷の袴をもらったそうです♪
つまり、「それほど俺とおまえは親密な仲だ、これからも東北で忠節を尽くしてくれ」という意味だそうです♪

翌日、秀吉は部下に訊いた。
「氏郷はどうした?喜んで東北に発ったか?」
すると部下は、
「口惜しがって泣いておりました。これで、二度と中央には戻れないとこぼしておりました」

これを聞くと秀吉は、「そうだろう」と笑ってこう言った。
あいつは恐ろしい才智を持っている。放っておけば俺の足元を掬いかねない奴だ。恐ろしいから遠くへ飛ばしたのだ
今も昔も変わらず、このような人事異動はありますよね!?

【関連書籍】
1.その時歴史が動いた(信長・秀吉・家康編)
マンガで描かれていて、とても分かりやすいです♪
子供の頃にこんな分かりやすい本があったら、歴史がもっと好きになれたのにと思います♪
2.学研まんが伝記シリーズ 豊臣秀吉
こちらこ、マンガで描かれていて、秀吉のことが分かりやすいです♪
マンガばっかりの紹介ですみません♪
3.新史太閤記
あの司馬遼太郎が書いた小説です♪「竜馬がゆく」を書いた有名な方です♪

【関連DVD】
4.天下を獲った男 豊臣秀吉
演者:柳葉敏郎
5.太閤記〜サルと呼ばれた男〜
演者:草g剛

豊臣秀吉グッズ

ラベル:豊臣秀吉 名言
posted by ミーハー歴女 at 16:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 豊臣秀吉の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

真田信之の名言とグッズ

おまえたちは杉菜を食べたことがあるか?
真田信之 名言.jpg
真田信之さなだのぶゆき
ウィキペディアで知る。


真田信之は船で川を下った時に、岸に杉菜がたくさん生えていたのを見かけた。信之は同乗していた部下に
おまえたちは杉菜を食べたことがあるか?
と聞いたそうです♪

部下達は、「食べたことがございません」
と答えた。

これを聞くと、信之はニッコリ笑ってこう言った。
「いいことだ。国がよく治まっている証拠だ。かつて、武田勝頼が没落のみぎり、道端で食料が絶え、杉菜を食べたが、まもなく滅びたという。杉菜は縁起の悪い植物だ。それを食わずにすむということは、この国がよく治まっている証拠だ」

部下達は、主人がそんなことまで気を配っているのかと、お互いに顔を合わせたらしいです♪

【関連書籍】
1.真田氏三代 真田は日本一の兵
2.真田一族 家康が恐れた最強軍団
3.真田信之

【関連DVD】
4.真田太平記 第壱集
演者:渡瀬恒彦
5.真田太平記 第弐集
演者:渡瀬恒彦

真田信之真田家)のグッズ▼
ラベル:名言 真田信之
posted by ミーハー歴女 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 真田信之の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月13日

明智光秀の名言とグッズ

大黒さまはたった千人の将ではないか
明智光秀 名言.jpg
明智光秀あけちみつひで
ウィキペディアで知る。


明智光秀がまだ浪人している頃、たまたま仲間と一緒にある川の岸を通った時、仲間の一人が、
「あそこの川に、大黒さまが流れている」と叫んだ。
光秀が降りて行って大黒さまを拾った時、仲間が
大黒さまは千人の頭だ。お主はやがて千人の大将になるぞ」と言ったそうです♪

これを訊くと光秀はな・なんと、大黒さまを川の中に投げ捨ててしまった
仲間達が、「なぜ、せっかく拾った大黒さまを捨てたのだ?」と訊くと、光秀はこう答えたそうです♪

たかが千人の将の大黒さまを拾ってありがたがってもはじまらない。俺はもっと大きな望みを持っている

皆、光秀の言葉に呆れて顔を見合わせたそうです♪

【関連書籍】
1.「本能寺の変」本当の謎
今までにない視点で書かれている小説です♪
なんと、明智光秀は「大軍」で奇襲した訳ではなかった!?
2.天眼 光秀風水綺譚
3.検証 本能寺の変

【関連DVD】
4.明智光秀〜神に愛されなかった男〜
演者:唐沢寿明
5.NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第弐集
演者:鶴見辰吾
6.NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集
演者:鶴見辰吾

明智光秀のグッズ▼
ラベル:明智光秀 名言
posted by ミーハー歴女 at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 明智光秀の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

豊臣秀吉の名言とグッズ

降参した者を殺してはいけません
豊臣秀吉 名言.jpg
豊臣秀吉とよとみひでよし
ウィキペディアで知る。


豊臣秀吉が若い頃、美濃を攻略している時、美濃側の部将で大沢という人物が信長に降伏してきたが、信長はこの降伏を信じなかった。そして秀吉に、
「あいつはいつ心変わりするかわからない。腹を切らせろ」と信長が命じた。この時、秀吉反対し、こう言ったそうです♪

降参した人間を殺すと、あなたの人格が疑われます。武士がいったん口にしたことは守らなければなりません。大沢に腹を切らせないで下さい」と頼んだそうです♪

このことが大沢に知れて、大沢は秀吉を徳とした。
二度と信長を裏切ることはなかったそうです♪

こういうところが、人間味のあるところが人気の秘訣!?

【関連書籍】
1.その時歴史が動いた(信長・秀吉・家康編)
マンガで描かれていて、とても分かりやすいです♪
子供の頃にこんな分かりやすい本があったら、歴史がもっと好きになれたのにと思います♪
2.学研まんが伝記シリーズ 豊臣秀吉
こちらこ、マンガで描かれていて、秀吉のことが分かりやすいです♪
マンガばっかりの紹介ですみません♪
3.新史太閤記
あの司馬遼太郎が書いた小説です♪「竜馬がゆく」を書いた有名な方です♪

【関連DVD】
4.天下を獲った男 豊臣秀吉
演者:柳葉敏郎
5.太閤記〜サルと呼ばれた男〜
演者:草g剛

豊臣秀吉グッズ

ラベル:名言 豊臣秀吉
posted by ミーハー歴女 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊臣秀吉の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
戦国武将の名言集・関連本


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。