2010年06月12日

加藤清正の名言とグッズ

おまえは自分の功を立て、
かれは忠を尽くした


加藤清正 名言.jpg

加藤清正かとうきよまさ
ウィキペディアで知る。


この言葉の由来は、ある時、加藤清正部下に褒美を上げる時に、首を2つとった部下より、首をとっていない部下の方が褒美がよく、首をとった部下から、
「なぜ、首をとっていないあいつが私よりいい評価なのか?」
と尋ねた時に、
「君は、相手武将の首をとったが、手柄を焦って、主人(加藤清正)を置き去りにした。しかし、あいつは、終始一貫として私の脇にいて守ってくれた。だから、忠をつくしたあいつがすぐれている。」
と言ったそうです♪

またまた仕事の話になりますが・・・
手柄ばかり気にしている人っていますよね♪
たしかに、今の時代は、アピールしないと、生き残っていけないのかもしれないけど、そればかりだと、ピンチになったときは、誰も助けてくれない。
そんなことが分かっている上司だと、加藤清正みたいに、悟してくれるといいな(⌒_⌒)ニコ


【関連書籍】
1.加藤清正 コミック版日本の歴史
すごく読みやすいです!こういう歴史の本を読むといつも「難しい漢字」がでるのですが、フリガナをふってくれてるので、分かりやすいです♪
2.加藤清正「妻子」の研究
3.加藤清正(5(妙法の巻))

加藤清正グッズ



ラベル:名言 加藤清正
posted by ミーハー歴女 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 加藤清正の名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
戦国武将の名言集・関連本


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。